クリープハイプ 尾崎世界観「祐介」の内容は?半自伝的小説のあらすじ。

image.jpg

今の時代に支持されているバンド、クリープハイプをご存知でしょうか?

ライブをやればチケットはすぐに完売するほどの人気バンドなのです。



クリープハイプの特徴として上げられるのがなんといってもボーカルの声質でしょう。




好き嫌いがはっきりと分かれそうな特徴的な声で

一度聴いたら忘れない、ボーカル尾崎世界観の

印象的なハイトーンボイスが魅力です。

こういったアクの強い歌声というのは強みだと本人も語っています。






「祐介」は尾崎世界観の本名で本作は、

「祐介」が「世界観」になるまでを描いたとも言える、

本人の青春が凝縮された半自伝的な小説であるという。


文学的な歌詞が他方面で高い評価を受ける尾崎自身が、

全身全霊を込めたストーリーに仕上がっています。


小説の内容は?


スーパーでアルバイトをしながら、

いつの日かスポットライトを浴びる夢を見る売れないバンドマン。

ライブをしても客は数名、メンバーの結束もバラバラ。

恋をした相手はピンサロ嬢。



どうでもいいセックスや些細な暴力。

逆走の果てにみつけた物は……。



人気ロックバンド・クリープハイプの尾崎世界観による、

「祐介」が「世界観」になるまでを描いた渾身の初小説。


たったひとりのあなたを救う物語。





「音楽では足りない所を全部出せました。

もしこの小説を書いていなければ、今頃音楽を辞めていたと思います。」

とコメントしています。

祐介 [ 尾崎世界観 ]

尾崎世界観さんって


尾崎世界観さんって名前を聞いて尾崎豊と何か関係があるのか?

影響を受けているのか?

と感じている方も多くのようですが、

決して尾崎豊の世界観がどうこうではありません。

尾崎世界観さんの音楽のルーツは父親がフォークのかぐや姫が好きで

よく家では流れており、

日頃からいいなと思っていたようです。


ですから音楽の原点はかぐや姫なのですかね。



ライブを観た人から「世界観がいいね」と

言われることに疑問を感じ自ら尾崎世界観と名乗っているのです。



尾崎世界観さんといえば、その独特な発想の歌詞で知られており、

以前にSMAPに提供し、しかもハローキティとコラボしたということで、

ネット上では

「SMAP・尾崎世界観・ハローキティ、この組み合わせ謎すぎる。でもワクワクする。めちゃくちゃ楽しみ」

「SMAP、ハローキティ、尾崎世界観が一気に並ぶ違和感というか、すごい」

「組み合わせがとんでも無さすぎてとりあえず疑問しかわかない」

「これ大丈夫なの!?いや、だ、大丈夫だろうけど歌詞的にドキドキします」

などと衝撃が広がり話題にもなっていましたよね。





この記事へのコメント